YOKOGI Alao

横木安良夫

YOKOGI Alao

1949年千葉県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。
篠山紀信に師事し、1975年に独立。エディトリアル、ファッション、ドキュメンタリー、コマーシャルなど様々な分野で活躍。
著書に写文集「サイゴンの昼下がり」、「横木安良夫流スナップショット」、小説「熱を食む、裸の果実」、
ノンフィクション「ロバート・キャパの最後の日」写真集「あの日の彼、あの日の彼女1967-1975」などがある。

www.alao.co.jp

東京画、
僕にとって、今
地震や原発のことを無視して写真を撮ることはできません。
原発で享受されていた東京の繁栄。
いや原発にかぎらず、人工の光の下で暮らしている僕たち。
原発=科学技術の発展の帰結であり、
人類はその恩恵を受け入れて暮らしているのです。

都会に住むこととは、
シンプルに、ミニマルに生きるということさえ矛盾ではないのか?

ただ、人間はやっぱり都会が好きなのです。
そんな好きな場所が、人間疎外の場所であるはずがありません。
きっと都会に住むやりかたルールを知らないだけなのじゃないでしょうか。

東京の夜は光があふれています。
そこがどんなに、淫らに害のある街だとしても、
心はまた別の影響も受けているはずです。

世界でいちばん恵まれて、安全な街が、
もろくもくずれたことで、発見することのできる何か。
東京の町の、光に包まれた、
彼や、彼女や、あなた、そしてわたし。



TWILIGHT TWIST TOKYO 2011 Nana







TWILIGHT TWIST TOKYO 2011 JUN
YOKOGI
Alao

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。