Sébastien LEBEGUE

セバスチャン・ルベーグ

Sébastien LEBEGUE

2008年から東京を拠点とするセバスチャン・ルベーグはグラフィクと写真のリポーターとしてアジアと南太平洋をカバーし、活動する。
彼の興味と関心は自然と人々、特に少数民族に向けられる。作品は個人の記憶にリンクすると共に、環境や現在に繊細に反応する姿勢で制作される。
一連の作品群、ドローイング、写真、テキストには客観性と主観性を持つ同一認識の間でバランスをとるべく奮闘する彼自身の姿が読み取れる。
2007年、ルポルタージュとドキュメンタリーの緊急性の双方を受け入れ、出版、雑誌、展示空間等のシーンで活動を展開する。


Based in Tokyo since 2008, Sebastien Lebegue is a graphic and photo reporter whose field of activity spans Asia and the South Pacific.
Sebastien is especially interested in nature and people, specifically minorities. The well of his work is that of memories,
yet he is extremely sensitive to his surroundings and to the present. His drawings, photographs and writings strive for balance
between objectivity and identification with the subject(s).
In 2007, he was drawn to the immediacy of reportage and documentary.
He proposes his projects in books, magazines and on display during exhibition.


www.sebastienlebegue.com

La ville de Tokyo s'imagine souvent en mouvement de foule noyée dans de hautes architectures.
Pour ma part, je la voie étendue, calme et reposante. Il existe une sérénité des lieux qui se dégage même dans les endroits les plus actifs.
La population y affiche cette même attitude posée, avec une distance et un respect de l'autre.
La notion de société et de groupe existe, mais la vie s'exprime par l'individu.

Cette série évoque une quiétude de l'humain et des lieux de Tokyo.
Ce portrait affiche mon désir de l'autre et pose la question de l'identité face à l'anonymat du groupe.
Je photographie les environnements montrés sous leur aspect de tranquillité et l'individualité dans un moment où la personne est livrée à elle-même, dévoilant ou non sa personnalité.



多くの人たちにとって、東京のイメージは高いビルが建ち並び、たくさんの人がひしめきあう都市ではないだろうか。
ただ、私にとっての東京は広がりを持つ、静かで安らぎを感じる都市である。
人の多い場所でも、その場所本来の存在感や威厳が感じられ、人々は他者への敬意を持ち、他人との距離を保ちながら暮らしている。
社会やグループ内で暮らすという共通認識を保ち、かつ個人はそれぞれの生活を大切にしている。 
本シリーズでは、そうした東京という場所とそこに暮らす人々の穏やかな心の有り様を捉えようと考えた。
人々のポートレートは異なったシーンでの表情を捉えることで、グループ内で個性を見失いがちな人々のアイデンティティーを問うものにした。
個人が自分らしさを主張した時、敢えて個性を出すか出さないかにかかわらず、その独立性がどのように見えるのか?
穏やかな一面が周囲にはどのように映るのか? そのあたりを捉えてみた。

Sébastien
LEBEGUE

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。