ISHISHITA Rie

石下理栄

ISHISHITA Rie

愛知県生まれ
横浜市在住

【個展】
2007年  花空の裏庭  Gallery DAZZLE
2010年  Flowers-光をまとう花たち 秋田国際教養大学

Born in Aichi, Japan
Based in Yokohama, Japan

【Solo exhibition】
2007 The garden of the imaginary Gallery DAZZLE, Tokyo, Japan
2010 Flowers with light Akita International University, Akita, Japan

rieishishita.com

【Tokyo Metro People】
Tokyo Metro Peopleは、電車に乗って東京を移動中の人々のいる風景を、決まった画角で撮り続けているシリーズです。

私にとって電車の中は、とても興味深い空間です。人々はその中にいる間、思い思いの時を過ごします。
本を読んだり、ゲームをしたり、音楽を聴いたり、居眠りをしたり。
不特定多数の人々が行きかう公共の場でありながら、同時にリラックスしている姿を見ることができます。

「こんにちは」
「さようなら」

たとえ瞬く間にお互いの顔を忘れてしまう間柄であっても、私は親しみを込めて挨拶をするように、
東京に集い、同じ空間を共有する人々に向けてシャッターを押します。

2011年3月11日の震災の後、少しずつ日常を取り戻す中で、
私は自分が住んでいる東京での生活について考えるようになりました。
その結果、長年、興味深いと感じていた電車の中の人々の写真を撮り始めました。

この無数の出会いと別れの果てに、東京という街に生きる人々の新しい像が浮かび上がってくると考えています。

In the "Tokyo Metro People" series, I focus on people commuting by train in Tokyo by photographing them at a fixed angle capturing people's bodies and the train's interior space.

The space inside the train and people inside the train are of great interest to me. While the train is a public space, each person spends their time inside the train in their own way. They read a book, play a game, listen to music or often take a nap. As different people come and go from the train, I can leisurely watch the people in this public space.

"Hello"
"Good-bye"

I point the camera and push the shutter at those who gather in Tokyo and share the same space much like sending an affectionate greeting, even if we forget each other's faces shortly thereafter.

After the Great East Japan Earthquake and while I was returning to my daily life little by little, I came to reflect on life in Tokyo. As a result, I started photographing the people in the train whom I had been interested in for many years.

Through this body of work, I aim to depict new images of the people living in Tokyo.

ISHISHITA
Rie

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。