KURIHARA Osamu

栗原論

KURIHARA Osamu

1981年 京都市生まれ。 東京工芸大学芸術学部写真学科 卒業
2010年 写真家四人で4×5 (SHI NO GO)を立ち上げる。
エディトリアル、広告、CDジャケットなど多岐にわたって活動中。
スナップショットの集積が生み出す運動性に興味を持ち続け、制作を続ける。


www.shinogo45.com

人口の多いこの東京には、
数多くの内面生活 (inner life)がまた存在する。

東京で生活し、自分の琴線に触れる風景を集めること。
東京で撮影された写真ではないこともあったが、
都市生活者の心象が浮かんできた。
そしてそこに朧げな未来を見ていた。

2011年、震災が起きた。
これらの写真を眺めていたとき
画面をナイフで切る という衝動に駆られた。
それは否定的なアプローチではなく
変化を与えたいという意思だった。
傷のついた写真は雄弁に何かを語りだした様に見えた。

流されながら、わからなさを抱えたまま
写真を撮り続けることが
つまるところ、前に進む動力になっている。

KURIHARA
Osamu

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。