HOSAKA Norihisa

保坂昇寿

HOSAKA Norihisa

1968年、東京生まれ。デジタルフォトグラファー。IT系ライターやWebマガジン編集を経て、2008年4月に「クローム襲撃」にてエスクァイア日本版デジタル写真賞'07-'08グランプリを受賞。2008年7月に仏アルル国際フォトフェスティバルのフォトフォリオレビューに参加。2009年2月に個展「昭和84年東京」を行う。


Born in Tokyo in 1968.
Grand Prix, Esquire Japan Digital Photography Award '07-'08.
Photolucida Critical Mass 2010 Top50.
The 5th Singapore International Photography Festeval 2012 Open Call Showcase 50 Selected Photographer.
Angkor International Photography Festival Slideshow 2013 Selected Photographer.
BURNING CHROME published in Libro Arte.

www.hosakanorihisa.com

もし世界中が全て撮り尽くされたとするなら、写真家が撮るべきものは何だろう。
僕は昨日の写真を明日のイメージに繋げることだと思う。
新しい東京を見つけることは簡単だ。
しかし昨日、なんだったかは思い出すのは難しい。
そこで僕は小さな東京の物語を語ってみようと思う。

これは渋谷川。
この川は渋谷駅の下から始まって、街や高速道路を抜け、東京湾に流れ込む。
ここも都市開発から無縁ではない。
しかし、東京の基礎を成す地形にあるために、都市の歴史、構造、さらには文化を感じるレイヤーが読み取れる。
この川を撮影しながら、私は東京に繋がっていくような感覚を覚えた。
あたかも震災後に失った自分の居場所との関係を取り戻すかのように。



If the world entirely was taken photographs, what shall photographers do?
I believe photographer try to connect past image and future images.
It's easy to find out something new here in Tokyo,
but difficult to remember what yesterday means.
Therefore I am going to tell you a tiny Tokyo story.

This is Shibuya-gawa.
The River starts at the under the Shibuya station, flows through the city and highway into Tokyo bay.
Here is also not immune from urban development.
But because it is the terrain on the basis of Tokyo, looks good layer structure historical, structural and cultural city.
While photographing the Shibuya river, I myself felt like to connect to hometown.
I regained a relationship that has lost after the earthquake, 2011.

HOSAKA
Norihisa

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。