ITO Keiichi

伊藤計一

ITO Keiichi

1950年東京生まれ。
2006年コンピュータメーカーを中途退職し写真家に転向。
個展;2009年「刻の彩」エプサイトギャラリー(新宿)
個展;2011年「道具」GalleryE&M(西麻布)
グループ展;2008年から多数

The Silent Pulse サイレント・パルス
江戸を経て東京に伝わる工芸品の数々、
そしてそれらの工芸品を生み出す道具と技があります。

それらの道具と技は、人々の生活様式が大きく変化する中にあっても、
今も昔と変わらぬ姿で静かに輝きながら息づいています。

その姿からは世代交代を繰り返し生き続けてきた一木一草と同じように、
時を超えていく確かな波動を感じることができます。







浮世絵版画彫り師(江東区), 2011.1















友禅地染め(新宿区), 2011.12















足袋(墨田区), 2012.2















研ぎ師(大田区), 2011.3

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。