09.14.2017

展覧会 "SHIBUYA" by 東京画 / TOKYO-GA meets "SHIBUYA" and PARIS 2018

PRESS RELEASE
2017年9月14日

展覧会 "SHIBUYA" by 東京画
"TOKYO-GA meets SHIBUYA and PARIS 2018"
東京画はこの度、渋谷をテーマとする展覧会『SHIBUYA』を、2018年1月の渋谷ヒカリエで、さらに世界の写真関係者がパリに集結する11月、フランス・アートシーンで大きな影響力を持つクリストフ・ジラール氏(パリ市文化顧問)の招聘を受け、彼が区長を務めるパリ4区市庁舎で開催することになりました。


SHIBUYA
東京・パリ
- 心に響く、写真体験 -

| 展覧会のキー・テーマ |
"好奇心"は世界をつなぐ。


IDENTITY
「私」への好奇心  自分自身の可能性と潜在力

DIVERSITY
「他者」への好奇心  異と出会うことに対しての驚きと感動

TRACEABILITY 
「響き合う魂」 出会いが生み出すシナジーとハーモニー


世界中の魅力的な都市に共通するDNA、
そこにいるだけで、自分自身が刺激され、思考がどんどん活性化される感覚、
それはふつふつと湧いてくる好奇心を
起点とする感覚ではないでしょうか。

東京画は"好奇心CURIOSITY"を物語のキー・テーマとし、
SHIBUYAをパノラミックに表現します。


|展覧会スケジュール |

展覧会 1: 東京・渋谷
2018年1月2日〜1月8日
会場 渋谷 ヒカリエ 8/ Cube
空間デザインプラン|山口誠 (MYD)


展覧会 2: パリ・4区
2018年11月2日〜11月30日
会場 パリ4区市庁舎内展示室
空間デザインプラン|山口誠 (MYD)

本展では、参加写真家の作品をクオリティー・プリントとしての最高の質感、i-padでの物語性、さらにプロジェクションやモニターでの圧倒的なスケール感で表現し、高品位かつ最先端の写真体験を創出します。デザイナー、建築家、音楽家、パフォーマーたちと共にパリとトウキョウのコミュニケーションを刺激するビジュアルコミュニケーションも計画中です。ご期待ください。


|東京画参加作家|

淺川 敏 / ジャン=ミッシェル・バール / ネイビット・バラタイ        
地蔵 ゆかり / レナート・ディアゴスティン / ジュゼッペ・デ・フランフェスコ
マイケル・フェザー / ステファニー・フレス / ミッシェル・フラピエ   
藤井 春日 / ザ・ゲイズ / エマニュエル・ギヨー
蓮井 幹生 / ローラン・ハーゲンバーグ / 平林 達也
平澤 賢治 / 広川 泰士 / 広川 智基
宝槻 稔 / 保坂 昇寿 / 本城 直季
石下 理栄 / 石山 貴美子 / 石塚 元太良           
伊藤 計一 / 神宮 巨樹 / 神村 大介
叶野 千晶 / 加藤 純平 / 河西 春奈           
エバレット・ケネディー・ブラウン / 鬼室 黎 / 古賀 絵里子
小島 康敬 / 公文 健太郎 / エドワード・レヴィンソン     
セバスチャン・ルベーグ / スティーヴン・リー / イルス・リーンダース
牧野 智晃 / 松永 佳子 / 港 千尋
宮原 夢画 / 宮腰 まみこ / クリストファー・モリス 
森山 大道 / 森田 友希 / 長崎 健一 
中野 正貴 / 中島 洋紀 / 野村 佐紀子  
大森 克己 / 大西 みつぐ / 大和田 良     
岡田 敦 / オノ ツトム / オノデラ ユキ
大洲 大作 / セサル・オルドネス / トーマス・プリオ
ブリュノ・カンケ / サトウ タケヒト / 下平 竜矢
新藤 琢 / ヴァンサン・スリエ / ジェレミー・ステラ   
菅原 一剛 / 鋤田 正義 / 澄 毅
鈴木 麻弓 / 田尾 沙織 / 達川 清
所 幸則 / 上田 義彦 / 宇井 眞紀子
宇壽山 貴久子 / 鷲尾 和彦 / 渡辺 一城
ジェームス・ウィットロー・デラーノ / ミハエル・ウルフ / セリーン・ウー
柳本 尚規 / 山田 祐希 (チャプ チャプ) / 山本 雅美
与田 弘志 / 横木 安良夫 / ギュンター・ツォーン 
(2017年9月14日現在)


東京画とは
DESCRIBING TOKYO SCAPES BY 100 PHOTOGRAPHERS

2011年春、私たちは「東日本大震災」という名で後世も記憶される未曾有の大惨事を体験しました。山紫水明という言葉で表現される美しい国土と安心、安全をキーワードにしてきた日本にとって、それはとてつもなく大きなダメージと未来への不安として脳裏に刻まれた出来事でした。あれから歳月が流れ、2020年、二度目となるオリンピックの開催が決定しました。
来るべき東京オリンピックは、2011年の大震災から再生した新たな日本の姿を世界に向かって高らかに謳うシーンとなるはずです。つまり、この十年は東京がまさに新しい存在理由と価値を構築する過程となる特別な時代でもあるのです。
『東京画』はこの特別な時代を、100人の写真家が東京を被写体とした作品をアーカイブすると同時に、彼らの眼差しを通して、東京が歩むべき道をリアルタイムで同時代の人々と共に考えてゆく、鮮度の高い発信活動を目的としています。今、東京で、何を問題点として自覚し、何を美しいと判断し、何を悲しく想い、何を大切だと感じ、そしてどんな可能性が見えているのか、その全てを写真体験として提示したいと思うのです。
「東京画」で描き出されるもの、それは東京という場所が持つ"気配"、"ふるまい"、あるいは"しぐさ"のように儚いものかもしれません。ただ、写真が写真として社会の信頼や共感を未来も勝ち得て行くには、「確かに生きた」というささやかな事実をどれだけ丁寧に拾い上げてゆくかにかかっているのではないかと思うのです。そしてその事実を、「東京」を識別できる100人の写真家による写真で表したいと念じています。

太田 菜穂子
『東京画』 プロジェクト・コミッショナー|創設者

NPO 東京画
〒107-0052 東京都港区赤坂8-12-25-410 KLEE INC内
Tel: 81-(0)3-5410-1277 Fax: 81-(0)3-5410-1278
Mail: info@tokyo-ga.org
http://www.tokyo-ga.org/


-


PRESS RELEASE
September 14, 2017

Announcing the exhibition "SHIBUYA"
"TOKYO-GA meets SHIBUYA and PARIS 2018"



"TOKYO-GA" proudly announces the exhibition titled "SHIBUYA" will be held in January of 2018 in Tokyo as kick-off event before traveling to Paris in November 2018.

Upon the invitation by Mr. Christophe Girard, Mayor of the 4th District of Paris, it was decided to organize the exhibition in Paris under the motto:

TOKYO - PARIS
Soul Cities


Seen through Western eyes, the Japanese culture seems to differ in every possible aspect. However, during its history, Japan has been constantly exposed to diverse influences from abroad in the evolution of its society and its life-style. Tokyo, the capital city at the very center of the Japanese archipelago, is the consequence of these multiples influences that have participated in shaping a unique culture. Shibuya is particularly representative of this fact. This multi-layered district shows on its limited surface all the contrasts, paradoxes, the charms and the exoticism of Japan.
To us, these characteristics of Tokyo also seem to apply to the Paris where tradition and heritage live side by side with multiculturalism, modernity and sub-culture thus creating a very dynamic environment for experimentation and creation. We can thus discover parallel worlds in all three cities although situated at the other end of the globe.
TOKYO-GA would like to share the unique charms of Shibuya with the French public by showing works and artistic installations by artists that have captured something precious, surprising, exciting or peaceful in the wondrous world of Shibuya. Their combined vision allows the public to see, feel and understand the essence of this very particular Tokyo district.


Exhibition Key Theme

~ Curiosity connects the world ~


The special charm of SHIBUYA "every day is like a festival"
Visualize the DNA of the city.
EXHIBITION 1: TOKYO

TOKYO January 2nd - January 8th 2018

VENUE | SHIBUYA Hikarie 8 * / | Space image Exhibition
* Shibuya Hikarie is a multipurpose high-rise tower where all kinds of people,goods and information come together in
synergy.
Space design by Makoto Yamaguchi (MYD)


EXHIBITION 2: PARIS

PARIS November 2nd - November 30th 2018

VENUE | City Hall of the 4th district, Paris - Salle Jean Mouly

Space design Makoto Yamaguchi (MYD)


| ON THE EXHIBITION ORIGIN AND THE GENERAL CONCEPT |
As one of the most dynamic city environments in Asia, Shibuya is on the forefront of new, on-the-edge trends and more particularly, of the emergence of a new Japanese life style. The dynamics of Shibuya have attracted the attention of the Japanese media and institutions. With the support of the city ward, the NPO TOKYO-GA has been charged to produce an exhibition featuring Shibuya's identity at Shibuya Hikarie in January 2018.
This first exhibition will be the forerunner of what we would like to conceive as a traveling exhibition that presents the identity of Shibuya and the young Japanese generation abroad. Concrete and abstract themes will be featured through photography as a central element combined with mural video projection, I-pad display, virtual reality and art installations. The exhibition will be complemented by workshops, symposiums and artist's come-together.

| TOKYO-GA Participating Photographers |
Satoshi ASAKAWA, Jean-Michel BERTS, Navid BARATY, Yukari CHIKURA, Renate D'AGOSTIN, Giuseppe DE FRANCESCO, Michel FEATHER, Stéphanie FRAISSE, Michel FRAPIER, Haruhi FUJII, the GAZE, Emmanuel GUILLARD, Mikio HASUI, Roland HAGENBERG, Tatsuya HIRABAYASHI, Kenji HIRASAWA, Taishi HIROKAWA, Tomoki HIROKAWA, Naoki HONJO, Norihisa HOSAKA, Minoru HOHTSUKI, Rie ISHISHITA, Kimiko ISHIYAMA, Gentaro ISHIZUKA, Keiichi ITO, Ooki JINGU, Daisuke KAMIMURA, Chiaki KANO, Junpei KATO, Haruna KAWANISHI, Evarett KENNEDY BROWN, Rei KISHITSU, Eriko KOGA, Yasutaka KOJIMA, Kentaro KUMON, Osamu KURIHARA, Edward LEVINSON, Sebastien LEBEGUE, Steven LEE, Ilse LEENDERS, Tomoaki MAKINO, Yoshiko MATSUNAGA, Chihiro MINATO, Muga MIYAHARA, Mamiko MIYAHARA, Christopher MORRIS, Daido MORIYAMA, Yuki MORITA, Ken-ichi NAGASAKI, Masataka NAKANO, Hiroki NAKASHIMA, Sakiko NOMURA, Katsumi OHMORI, Mitsugu OHNISHI, Ryo OHWADA, Atsushi OKADA, Tsutomu ONO, Yuki ONODERA, Daisuke OOZU, Cesar ORDOÑEZ. Thomas PRIOR, Bruno QUINQUET, Takehito SATO, Tatsuya SHIMOHIRA, Taku SHINDO, Vincent SOULIE, Jeremie SOUTEYRAT, Ichigo SUGAWARA, Masayoshi SUKITA, Takeshi SUMI, Mayumi SUZUKI, Saori TAO, Kiyoshi TATSUKAWA, Yukinori TOKORO, Yoshihiko UEDA, Makiko UI, Kikuko USUYAMA, Kazuhiko WASHIO, Kazuki WATANAVE, james WHITLOW DELANO, Michael WOLF, Celine WU, Masami YAMAMOTO, Yuki YAMADA, Naomi YANAGIMOTO, Hiroshi YODA, Alao YOKOGI, Guenter ZORN


TOKYO-GA東京画

MISSION STATEMENT

DESCRIBING TOKYO SCAPES BY 100 PHOTOGRAPHERS


In spring 2011, Japan experienced one of the biggest tragedies of its history that will remain in the memory of people for generations. The tremendous earthquake, the enormous tsunami and the catastrophic meltdown of the Fukushima power plant, all three incidents have damaged heavily the beautiful Japanese landscape and the trust in a safe Japanese nation.

TOKYO-GA, established in April 2011, gathers photographs taken by 100 photographers who have chosen Tokyo as their subject. Through the perspective of these photographers, "TOKYO-GA" wants to promote reflection on the development of the Japanese capital in the aftermath of the 2011 disaster. By looking at the works, the onlooker is invited to ponder over what is beautiful, what is sad, what is important, and to evaluate the possibilities that may lie ahead. The works illustrated show us some aspects of what is essential for Tokyo, something fragile such as an atmosphere, a behavior or a gesture.

TOKYO-GA invites to share the beat and breath of Tokyo, a city undergoing big changes in this decade, and to witness the presence with sincerity through the eyes of 100 photographers who have each of them identified Tokyo in their own personal way.

Naoko OHTA

Commissioner / Founder - TOKYO-GA


NPO TOKYO-GA
c/o KLEE INC TOKYO
8-12-25, Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-0052 Tokyo Japan
Tel: 81-(0)3-5410-1277 Fax: 81-(0)3-5410-1278
Mail: info@tokyo-ga.org

http://www.tokyo-ga.org/

OTHER TOPICS LIST >

  • 10.05.2017 September 2017 - 12 PHOTOS A YEAR 12枚のポスターにデザインされた写真で辿る一年 A year to follow... MORE >
  • 09.14.2017 展覧会 "SHIBUYA" by 東京画 / TOKYO-GA meets "SHIBUYA" and PARIS 2018 東京画はこの度、渋谷をテーマとする展覧会『SHIBUYA』を、2018年1月の渋... MORE >
  • 09.04.2017 August 2017 - 12 PHOTOS A YEAR 12枚のポスターにデザインされた写真で辿る一年 A year to follow... MORE >
  • 08.31.2017 大和田 良 OHWADA Ryo アーティストページ オープン 100 PHOTOGRAPHERS 大和田 良さんのアーティストページがオープン... MORE >