10.10.2012

【参加作品発表】オノデラユキ



この度新たに東京画への参加が決まったオノデラユキさんの参加作品を発表します。
詳細は以下の画像をクリックして作家ページをご覧下さい。



→作家ページへ



1962年 東京生まれ。
カメラの中にビー玉を入れて写真を撮影したり、事件や伝説からストーリーを組上げ、それに従って地球の裏側にまで行き撮影をしたり、オノデラの実験的作品は「写真とは何か」、「写真で何が出来るのか」という主題に集約される。さらに自分自身で2m大の銀塩写真をプリントし、油絵の具を使ってモノクロ写真に人着するなど、これらの手仕事や技術は今やそれ自身が注目すべき仕事だと言えるだろう。
1993年よりパリに住む。その作品はポンピドゥ・センターを始め、サンフランシスコ近代美術館など世界各地の美術館にコレクションされる。
主な個展に国立国際美術館(2005)、国立上海美術館(2006)、東京都写真美術館(2010)、ソウル写真美術館(2010)、フランス国立ニエプス美術館(2011)などがある。


OTHER TOPICS LIST >

  • 12.28.2017 SHIBUYA - TOKYO CURIOSITY 世界中の魅力的な都市に共通するDNA、好奇心。 東京画は"好奇心=CURIOSI... MORE >
  • 12.16.2017 November 2017 - 12 PHOTOS A YEAR 12枚のポスターにデザインされた写真で辿る一年 A year to follow... MORE >
  • 12.02.2017 東京画「渋谷・パリ・ベルリン巡回展」サポーターズサークルのご案内 NPO法人 東京画では、2018年1月〜2020年にかけての渋谷、パリ、ベルリン... MORE >
  • 11.10.2017 October 2017 - 12 PHOTOS A YEAR 12枚のポスターにデザインされた写真で辿る一年 A year to follow... MORE >