ISHIZUKA Gentaro

石塚元太良

ISHIZUKA Gentaro

1977年生まれ。写真家。パイプライン、都会の河川、氷河などのモチーフとしながら、
現代社会での移動や、人間の自然環境との関わりあいなどをテーマに、世界中で独自のランドスケープを撮り続けている。
作品に「PIPELINE ALASKA」や「INNER PASSAGE」など。


Born in 1977.
His interest has been always focusing on the unique landscapes all over the world,
such as a pipeline across the continent, rivers in a big city, a glacier in Alaska.
Principal works: "PIPELINE ALASKA", "INNER PASSAGE"


nomephoto.net

生まれ育った街、東京を撮りたいと世界中をかけずり回っていた20代の頃からずっと思っていた。
なにかひとつのアイデアをもって、この街の特異な姿を写真に収めたいと思っていた。
初めてカヤックを背負って神田川の非常階段を降りていった日のことは、今でも鮮明に覚えている。
そのコンクリートに囲まれた非常階段は、まるで抜き差しのならぬ絶壁のように感じられたものである。
生まれた場所をみつめ、生活する空間をもういちど新たな瞳で見つめ直すこと。
新たなアングルと解像度を持って見慣れた街を捉え直すこと。そこにはいつでも何かしらの意義があるだろう。
そしてそんな仕事をこそ、写真家として発見し、記録していこう。
たとえ平穏に見える日常を見つめ直すその作業が、絶壁を登るかのような抜き差しのならないものに様変わりしたとしても。



I was born and brought up in Tokyo city. I must confess I would like to photograph this city properly, even traveling a lot abroad at my twenty's. I had been searching for very original idea to visualize an unique form of Tokyo with photographic expression. I clearly remember the moment of going down the emergency staircase of Kanda river with kayak. I felt the emergency staircase surrounding with concrete wall just like an ultimate cliff. I, however, should see my birthplace, my living community, environment and space with my own fresh eyes once again. I must face my familiar landscapes with new angle and resolution. I believe there would be some meaning as always. I am at first as photographer to discover and record something. Even it become the hardest task for me just to see the apparent peaceful ordinary life...

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。