FUSE Yuki

布施有輝

FUSE Yuki

1975年 静岡県生まれ
2009年 写真家 所幸則 写真塾に所属 →所塾HP
2009年 夜の横断歩道を中心とした作品制作をはじめる。
2011年 写真展TJ二人展 西麻布アムリタにて展示

facebookページ

『停止したラインの向こう』
東京。日本を象徴する中心都市。
とてつもない人々が、今日も街の魔力に惹きつけられるが如く集まる。

私はいつもバイクに乗っている。私にとって東京とは、職場と自宅との通勤路だ。
いつも見る夜の交差点こそが、私のイメージするTOKYOといえる。

交差点には、様々な人と都市としての輪郭が複雑に重なっていることに気がついた時、
私はこの現代の象徴的な様相を表現しようと思った。

ふと、止まったいつもの交差点、人々は交差しそれぞれの場所へ向かう。

人影と白いライン、光とが重なり合った時、何とも言えない現代の " 美 " を感じた。
これは首都としての文化的な象徴である。

週末の街は、活気に満ちる。
アスファルトを走る白線、交差する人、それらを照らす車のライト。
この夜の不夜城は、まさしく輝いているようにも見える。

いつもの日常、いつもの街で、現時代の社会が見えたように思える。

この風景を眺めていると、私は妙に心に響きつづけるその見えない魅力を、
はっきりと理解できると思う。


『On the other side of the stopping line.』

TOKYO. The central city symbolizes Japan.
Numerous folks gather together as if the magic of the street seduces them as usual.
I always ride my motorbike. For me, Tokyo is the commuting road between my working place and my home.
The intersection of the night that I have always seen represents TOKYO to me.

On the intersection, noticing the outline as the city come in succession complexly with various people, I decided to express this modern symbolical aspect.
Suddenly, the intersection which I used to stop, people intersect and head for each place.
When the shadows overlapped with white lines and lights, I felt the modern beauty that was not able to be said indescribably.
It is a cultural symbol as the capital.

Vigor is filled up with the town of the weekend.
White lines that start in asphalt, intersected people whom were shines by cars' lights.
The sleepless city seems to shine exactly at the night.
In daily life, on the usual town, it seemed to have seen the society of a present age.
While seeing this scenery, the invisible charm permeates through my heart unconsciously; I understand what it is now.









































FUSE
Yuki

100 PHOTOGRAPHERS100 PHOTOGRAPHERS Describing Tokyo Scapes

私たちの居場所、
東京の価値や存在を
写真を通して、
いま考える。